MENU

ネジ類の特注品制作

ボルト

ネジ、ボルト、ナット類は、機械部品の中で重要な位置にあります。機械のネジ類が手に入らないことで、修理不能となる場合も多いのです。しかし、最近では、古い型のネジやボルトを手作りしてくる会社がお目見えしています。しかも、メーカーでなく通販会社と言うので驚きです。

詳しく見る

選ぶポイント

男の人と女の人

観覧席を用意する方法としてはリースを利用するのがメリットが多くあります。リースで借りる観覧席は臨時に設けるものが多く施工と解体が容易に行えます。またリースですので会計処理も経費として処理できるので自社で保管して減価償却するよりも有利です。

詳しく見る

ネジ類の通信販売

工具

ネジやボルトに不慣れな人は、実物を見ただけでは、その規格を判断することはできません。規格の分からないネジやボルトを購入する時は、実物を持って販売店を訪ねるのが常でした。ところが、最近では、ネジ専門の通販会社に写真をメールすれば、即座に規格を特定してくれるようになりました。

詳しく見る

安全に設置可能で

観客席

イベントを行う時に必要なのが観覧席です。そんな観覧席ですが、リース業者に依頼する事で安全に設置する事ができます。小規模イベントはもちろん、何万人も集まるような大規模イベントにも対応できます。もちろん設置は安全に行うので事故になる事はないでしょう。

詳しく見る

確実に部品調達を行う方法

ウーマン

ボルトを調達する際、実店舗よりも通販サイトを利用した方が、在庫切れの心配をすることなく、早く手に入れることが出来ます。また、通販サイトには、写真付きの商品説明が大量に掲載されていますので、欲しい商品を確実に探し出せます。

詳しく見る

一日だけのイベントに最適

観客席

一時利用の時に活用する

イベント運営会社などでは、イベントを開催する時だけ観覧席を設置することがあります。一日だけ、もしくは一時的にだけの利用なら据え置きタイプではない方がいいかもしれません。使う時だけ組み立てて、使わない時にはたたんですぐに撤収できるといった組み立て式の観覧席は重宝することでしょう。実際に、組み立て式の観覧席を利用する会社や業者が増えてきています。もちろん、一時利用なら購入するよりもリースがおすすめです。少しでも費用をかけないようにするためにも、観覧席のリースを利用しましょう。專門業者があるのでインターネットや口コミ情報を活用して探してみるといいかもしれません。購入するよりも手頃な費用でリースできることがあります。また、リースの場合、様々なタイプの観覧席を選べるので、他の商品とも比較してみましょう。折りたたみ式といっても設置の仕方は商品によって異なります。それに規模によっても費用は異なるので、どの程度の規模のものが必要なのか、よく検討してみることも大事です。例えば、バラエティ番組のロケで屋外に観覧席を設けるということもあるでしょう。この場合、観覧は30名から50名というように、あらかじめ応募の人数が決められているはずです。それに合わせた規模の観覧席をリースしましょう。観覧席は30名から50名座れるタイプというように、規模によって違っています。必要な人数に合わせて選ぶことも大事です。このようにすれば、お得に便利に観覧席を活用することができるはずです。また、イベントではたくさんの人が訪れるため、混雑が予想される場合もあります。イベントを成功させるには、いかに混雑をスムーズに解消させられるかがポイントになります。混雑緩和に使用されるベルトパーテーションを上手に使っていくとよいでしょう。