MENU

ネジ類の特注品制作

ボルト

型番が分からない場合でも

ネジ、ボルト、ナット類は、機械部品の中では最小のパーツですが、最も重要な役目を担っています。部品同士を連結、固定するためには、ネジ、ボルト、ナット類の力を借りなくてはなりません。実は、かなり古い機械が修理不能となる一因に、ネジ、ボルトの生産中止が絡んでいるのです。古い型のネジ、ボルトは、既に金型が存在しないため、メーカーで作成することは不可能です。クラシックカメラやアンティーク時計などが修理不能となるケースも、このネジ類が入手できないことによることが多いとされています。しかし、最近になって、古い型のネジやボルトを手作りしてくれる企業がお目見えしています。しかも、メーカーではなく、ネジ類の通販会社が特注を受け付けているのです。ネジ類の型番が分かっている場合や実物が特定できる場合には、約1週間ほどで作成してくれます。また、型番が不明でも、既にサンプルがある場合には、通販会社にそれを郵送して特注品を制作してもらうことができます。さらに、型番が不明で実物も存在しないという場合、ネジやボルトの受け部分の型を取ることで、型を特定してもらえます。ネジ、ボルトの通販会社会社がこのようなサービスを始めた背景には、生産終了品について多くの問い合わせがあったためとされています。ネジ、ボルトの特注品制作がビジネスチャンスと捉えると同時に、より多くの顧客の声に応えることで、業績を伸ばすことを目指した結果とも言えます。古い型の機会のネジやボルトのことで困ったら、先ずは通販会社に相談すると良いでしょう。